癌治療の種類を把握する

手術で悪性腫瘍を除去

基本的に、癌治療は手術療法が利用されます。進行していると施術を決行することが難しいこともありますが、除去可能と判断されれば基本的には手術という方法が選択されると考えておきましょう。この外科手術が積極的に採用されるのはなぜなのかというと、現代の医学において、完治する確率が非常に高い施術であり、どこでも治療ができるためです。根本となる病巣を取り除くため、転移していてもその箇所を取り去れば更に広がることを防げます。

遺伝子治療は最新の技術

基本的には手術や化学療法といった方法で癌治療はしていくのですが、徐々にその選択肢も増えてきています。最新技術の中で注目すべき治療法として、遺伝子治療があります。遺伝子を採取して効果的な治癒を得ようとするもので、今とても注目されているのです。様々な病院がこの遺伝子治療を行なっていますので、他の手術方法と併せて施術を検討するのも良いでしょう。その他にも免疫療法や高濃度ビタミンC点滴療法など、画期的な療法を利用することができるようになっています。

様々な種類がある癌

肺がんや乳がんなど、人間に発生して苦しめる癌は実に沢山の種類があります。その中でも日本は、先進国の中でも乳がんで死亡する人の数が多いといわれています。日本人の中には、デンスブレストという乳腺がたくさんある人が多いのが、癌の発見を遅らせる原因というのが一説にあります。体験談なども参考にして、悪性腫瘍を早期発見できるようにしましょう。

癌に関する体験記

体調不良が続いたら必ず病院を受診してほしい

私は病院を受診して癌と診断される前、二ヶ月間体調が悪かったのです。今思えば身体の中で腫瘍が広がっていたんだなと思います。いつも体調が悪くても放置してしまいがちで、いつもの体調不良だろうと考えていました。末期で手術もできないと言われましたが、現在では遺伝子治療などを利用して今は回復しています。

副作用が辛く治療期間中は何度も挫けそうになった

癌治療をして今は完治していますが再発のことを思うととても気持ちが憂鬱になってしまいます。なぜなら私の場合化学療法と手術の併用で治療を行なったのですが、副作用がとても辛かったからです。化学療法では吐き気がとても辛く、止めてしまいたくなりました。遺伝子治療なら副作用もないとのことなので、注目しています。

デメリットが解消できる可能性

次々と遺伝子治療のような最新技術が考え出される理由としては、手術療法と化学療法で生じてしまうデメリットを解消する目的があります。外科施術を利用するとメリットは多いものの、傷が治るまでに身体に負担がかかってしまうというデメリットがあるのです。また、化学療法では増殖を抑えることができるのですが、吐き気などの副作用があります。効果があまり得られないケースもあるため、最新治療が次々と検討されているのです。